2016年3月31日木曜日

「渋々」「イヤイヤ」なら期限を定めて営業に取り組む

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
お陰さまで、ランキング上位となっております。
本当にありがとうございます! 下記のバナーをクリックしてランキングを確認する!

  にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へ

こんにちは、佐藤康行です。


【実践のツボ1】明確な二つの目標を設定する

もしもあなたが今、渋々営業をやっていたとしたならば、「営業をやるのはある一定期間だけだ」と割り切り、一定の期限を定め、その間の明確な目標を設定してみよう。

その期限の中で、お金を一千万円貯めるとか、三百人の人脈を作るとか、目標を決めるのである。

経営のノウハウも身につけ、自分の会杜を持つことだって夢ではないのだ。

具体的な数字と自己成長という二つの目標があれば、やる気は自然に出てくるだろう。


【実践のツボ2】営業という仕事を未来の糧にする


「自分は営業には向いていないんじゃないか…」と思っていても、一定の期限を定めて、全力を出してやってみよう。

その時に初めて、今まで見えなかったものが見えてくるのだ。

それに営業を単なるモノ売りととらえない方がよい。

あなたは今まで、自分の思いを正しく相手に伝えられなかったり、誤解されたことはなかっただろうか?

そういった自分の弱点を克服するためだと思って営業に取り組んでみるのもいいだろう。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
明日も20時に更新いたしますので、ブログをお楽しみに!



いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
下記のバナーをクリックしてランキングにご協力ください。

  にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へ


2016年3月30日水曜日

「成功」は誰でもできる!

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
お陰さまで、ランキング上位となっております。
本当にありがとうございます! 下記のバナーをクリックしてランキングを確認する!

  にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へ

こんにちは、佐藤康行です。


【実践のツボ1】「成功者」の真の意昧を知る

今までは、成功者とは「思い通りの人生を送っている人」のことを言っていた。

しかし、それでは、ほんのわずかの人しか成功者にはなれないことになってしまう。

それとは違い、私がとらえている成功者の概念とは、「自らの使命や役割を知って、それを全うする人」である。

この世に生をうけたからには、一人一人に与えられた課題が必ずある。

それを全うすることこそが、最大の成功なのだ。


【実践のツボ2】自分の使命を全うすることが結果を生む

だから、営業という仕事を通して、自分は一体何をすべきなのか、そのことを一度真剣に考え直してみよう。

そうすれば、営業の数字に一喜一憂することなく、たとえ売上が思うように上がらない時でも、仕事に手を抜いたり、焦ったりすることがなくなるのだ。

そして、自分の使命を果たすためという意識で営業に取り組んでいる人には、必ず数字という結果も後からついてくるものである。



【「成功者」になるツボ】
★自分自身の「成功」とは何か考える
★自分だけの自分なりの「成功」に邁進する


最後までご覧いただき、ありがとうございました。
明日も20時に更新いたしますので、ブログをお楽しみに!



いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
下記のバナーをクリックしてランキングにご協力ください。

  にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へ


2016年3月29日火曜日

営業という仕事で愛と誇りを持つ

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
お陰さまで、ランキング上位となっております。
本当にありがとうございます! 下記のバナーをクリックしてランキングを確認する!

  にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へ

こんにちは、佐藤康行です。



【実践のツボ1】毎日働くのは愛の本能のためである

私たちが毎日働くのはお金を稼ぐためだ。

お金がないと生活が不自由になるからである。

それではなぜ、私たちは自由を強く求めているのだろうか?

それは、自分や愛する家族に安心した生活を与えてあげたいからだ。

自分や家族が満たされるようになると、今度は自分のまわりにいる多くの人たちのために少しでも役に立てればと思うようになる。

それは、われわれ人間が持っている本能そのものなのである。


【実践のツボ2】営業こそが愛に最も近い仕事である

そのことからすると、私たちが仕事をするのは、人に喜びや愛を与えたいからだ。

仕事というのは、私たちの愛が形となって現れたものだということができるのである。

そのように考えると、営業という仕事ほど直接自分の愛を人に届けられる仕事はない。

それをよく自覚すれば、あなたも営業という仕事に誇りを持つことができるはずである。


 【仕事に誇りを与えるツボ】
★毎日の自分の活動に、人への愛を見出す
★仕事の本質も、愛であることを知る


最後までご覧いただき、ありがとうございました。
明日も20時に更新いたしますので、ブログをお楽しみに!



いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
下記のバナーをクリックしてランキングにご協力ください。

  にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へ


2016年3月28日月曜日

【営業の急所(ツボ)】どんな問題も、すべてを解決できる「急所」がある

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
お陰さまで、ランキング上位となっております。
本当にありがとうございます! 下記のバナーをクリックしてランキングを確認する!

  にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へ

こんにちは、佐藤康行です。

本日から「営業の急所(ツボ)」をお送りいたします。

あなたに質問したい。

◎「数多くの営業本を読んで勉強しているが、なかなか思ったように結果が出ない」

◎「自分に合った宮業ノウハウがなかなか見つからず、次々と他のノウハウに目移りする」

そう思ったことが、どのくらいおありだろうか?

結論から話そう。

どちらか一つでもYESなら、あなたは営業の急所、ツボを外している可能性が大きいのだ。

書店の書棚には、数多くの営業マン用のノウハウ本が溢れている。

テクニックの本もあれば、心構えや、現場で実績を出すための実践例を書いたものなど幅広い。

さらには古典的なものから、最新のメディアやツールを駆使したものまで、じつに多種多様だ。

近年は、インターネットを中心としたメディアの進化がめざましい。

一瞬にして全世界に情報を発信できたり、システムによって自動化したり、相互性を重視した次世代のメディア構築が注目されている。

それは少しでも気を許したら、一瞬で時代から置き去りにされてしまう風潮だ。

そのような緻密な技術の進化には、感心してしまうものも多い。

いずれの本も素晴らしい内容で、営業マンならどれもうなずき、納得できるものばかりだ。

そう、読んでいるだけで明日から本当に売上が2倍、3倍に上がる気持ちになってくる。

たしかに、時代と共に進化していくツールを活用し、合理的に効率よくサービスを提供していかなければ、あっという間にライバルから置き去りにされるのも事実である。

そういったノウハウを積極的に研究し、とり入れていくことは、営業マンとして当然必要なことだ。

しかし、そうやって現状打破を求めて、営業本を買っていった営業マンが、数日後に向かう先は、じつはお客様のところではなく、再び、書店の営業本のコーナーだったりする。

営業本を読んで、目覚ましい効果がないと思えば、「自分にはもっと向いているノウハウが他にあるんじゃないか?」と思って、またというか、さらにというか、数多くの営業本の魅力的なタイトルに目移りしていく。

いわゆるノウハウコレクター現象である。

なぜこのように、次から次へとコレクターのように「営業本」を求めて、実績もそこそこに目移りばかりしてしまうのだろうか?





ズパリ、申し上げよう。

それは、さまざまな本に表現されている営業に関するノウハウ、テクニック、心構えといったものの、重要で本質的な部分を理解しないまま、営業の表面的な、表現の部分を単に知識として習得しているだけだからである。

もしあなたが、営業という仕事を、金銭を生み出すだけの手段ととらえ、一時的、短期的に結果を出せればいいと思うなら、テクニックだけを一生懸命勉強して実践すれば、それなりの結果は出せるだろう。

しかし、営業を通して豊かな人生経験を積み、人間的にも成長し、心も収入も「永続的に大いなる繁栄を望む」のであれば、本書で本質を学ぶ必要がある。

私は、今までの人生で、自分自身の営業活動や会社の経営はもちろん、さらに、ビジネスだけにかかわらず、多くの方々の人生の成功をサポートさせていただいてきた経験から、営業の本質を追求する重要性を学んできた。

その経験から、どんな営業の問題もたった一力所に手をつけるだけで、すべてを解決できる「急所」があることがわかったのだ。

じつは、世に数多い営業ノウハウに表現されているものの本質は、非常にシンプルなのである。

その本質、いわば「急所」を押さえてしまえば、数多くあるノウハウのほとんどは、同じ本質から派生していることがわかってくる。

結局は、皆本質の部分では同じことを言っているのだ。

ということは、書店に行けば、気が遠くなるような数多くのノウハウ本があるが、営業で必要な急所さえ押さえてしまえば、表現としてさまざまな形に変化しようとも、あれこれと目移りすることはなくなる。

そして、営業で一番大切な「実践」ということに、目を向けることができるのだ。

また、「急所」を押さえないでおいて、表面的な技術習得ばかりを追うことによる問題点も意識して欲しい。

というのも、メディアがいかに進化しても、ツールがどれだけ発達しても、活用するベースであるマインド、心という本質の部分は普遍であり、ここを押さえなければ、結果はプラスに大きく出るどころか、マイナスに大きく出てしまう危険性を秘めているのである。

テクニックもメディアも、営業に対する心を拡大する単なるツールに過ぎないのだ。




この本は、私が数々の営業の現場で実践した際に習得した営業ノウハウをふまえ、現在現役で営業を頑張っている多くの方を指導することで、驚くような結果を出した方々の実証例の本質を、シンプルにマンガを交えて描いてみた。

その本質こそ、まさに「営業の急所(ツボ)」であり、それを表題としてまとめたものである。


本書の特長は、次のとおりだ。

■シンプルだが、すべては急所を押さえてあるので、あらゆる状況に活用できる。

■奥が深いので、あなたの実践の状況に即した様々な気づきが得られるようになっている。

■マンガも交えて、気軽に読みやすいので、楽しい気分で何度でも読める。

■どこから読んでも見聞きで完結しているので、すぐに血となり肉となって役立つ。


この本は、営業で頑張るあなたに、次のような効果を与えるだろう。

■あなたが朝、事務所に出勤する時、一日の活力を与えるだろう。

■あなたがお客様を訪問する前、お害様にとって大切なことを思い出させてくれるだろう。

■あなたが営業でちょっと行き詰った時、それが財産に変わるような発見があるだろう。

■あなたが絶好調な時、見落としがちな落とし穴に、そっと気づかせてくれるだろう。

■あなたが一日を終えて家路につく時、その一日があなたの大きな成功につながる栄養として、吸収できるだろう。


パッと聞いて一項目でもいいから、読んでみて欲しい。

読むたびに、新たな発見、気づきがあるはずだ。

さあ、さっそくべージをめくって欲しい。

あなたから、素晴らしい実践報告をいただく日を楽しみにしている。


佐藤康行


最後までご覧いただき、ありがとうございました。
明日も20時に更新いたしますので、ブログをお楽しみに!



いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
下記のバナーをクリックしてランキングにご協力ください。

  にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へ


2016年3月27日日曜日

あなたという最高に美しい花は、ほんの小さな一歩から咲きはじめます

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
お陰さまで、ランキング上位となっております。
本当にありがとうございます! 下記のバナーをクリックしてランキングを確認する!

  にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へ

こんにちは、佐藤康行です。


ちょっとした行動パターンや、ものごとのとらえ方を変えるだけで、こんなにも世界が違ってくるのか、と大きな変化に驚いた人もいるはずです。

けれど、「ちょっとやってみたけど、ほんの少ししか変化を感じない」と思った人もいるかもしれませんね。

それでもいいのです。

「小さな変化」がとても大切なのです。

その「小さな変化」を認めてください。

小さな変化はちょうど、種から「芽」が出たようなものだと思ってください。

どんなに立派な大樹も、初めは小さな芽なのです。

その芽に水や土、肥料、太陽の光があって、芽が育ち、大きな幹に成長し、葉が出て花が咲き、実をつける。

そして、やがては嵐にも負けないような大樹になるのです。

これが、完全に習慣として身についた姿です。

あなたの中にはすでに、大きく立派な樹木の種があるのです。

そして、あなただけの最高の、あなたらしい美しい花を咲かせることができるのです。





でも、種はそのまま、テーブルの上においたままでは芽を出しません。

土に埋めて水をまくという最初のキッカケが必要です。

この種から芽を出させる最初のキッカケがこのブログだと思っていただけたらいいと思います。

しかし、「う~ん、なかなか良いことが書いてあるなぁ」と思うだけで実践せず、今までと同じ生活をしていたら、種から芽は出ません。

知識だけが残ることになります。

知識だけが残ると、逆効果になる場合もあります。

それは、「こういうことを知っていて、やればいいんだ」と、頭ではわかっているけど、できない自分に気づいて、その自分を責めてしまうからです。

そうならないためにも、とにかく実践の一歩を踏み出しましょう。

ほんの小さな一歩でいいのです。


そして、自分が期待したとおりの変化であってもなくても、その実践から生まれた変化が、あなたの種から出た「ほんの小さな芽」なのです。

この芽は、初めは小さくて、気をつけていないと見逃してしまうかもしれません。

でも、この芽を発見し大切に育てると、いつか必ず、あなただけの立派な花を咲かせることができるのです。

そして芽が出たら、今度は肥料や太陽の光が大切です。

この肥料や太陽の光は、私たちの生活でいうと「出会い」です。

これを「縁」とも言います。

もともと、私たちの誰もが、大樹へと成長する力を内在しています。

その偉大な力は、「縁」によって化学変化を起こすことで、初めて大きく成長させることができるのです。

今回、このブログをこうして読まれているのも「縁」です。

ブログを読まれて、あなたが踏み出した偉大なる一歩、小さくも力強い芽が出たら、どうぞこの縁をもっともっと生かしていただければ思います。



私は、心の奥に誰もがもっている素晴らしい最高のあなた、「本当の自分」を引き出すお手伝いをする「心の学校」を約三十年間にわたり開催しています。

「本当の自分」が自分の心の中から湧き上がってくると、いろいろな悩みや問題は、まるで夢から覚めるように消え去ります。

「心の学校」で「本当の自分」に出会い、何も着飾ることもなく、「本当の自分」、素のままの自分を思いっ切り出すだけで、誰からも愛され、出会いを誰からも喜ばれるような、愛されオーラ全開の「ココロ美人」、「愛され美人」になった方々のたくさんの事例があります。

あなたの出した「小さな芽」が大樹になって美しい花や実を結び、幸せへとつながる…そんなお手伝いが本書をとおしてできたなら、この上なく幸いです。



佐藤康行


最後までご覧いただき、ありがとうございました。
明日も20時に更新いたしますので、ブログをお楽しみに!



いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
下記のバナーをクリックしてランキングにご協力ください。

  にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へ


2016年3月26日土曜日

歳を重ねるごとに素直になろう

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
お陰さまで、ランキング上位となっております。
本当にありがとうございます! 下記のバナーをクリックしてランキングを確認する!

  にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へ

こんにちは、佐藤康行です。


ほとんどの人は、歳とともに考え方が固まってしまいます。

自分の考え方ができあがっているので、新しいものを見ても『こういうものだ』と想像し、決めつけてしまうのです。

歳を重ねても素直な人になりたいなら、自分自身を成長させようという強い気持ちが必要です。

仕事にしても、私生活にしても、レベルアップしようという強い気持ちがないと、どんどん退化して頭が固くなってしまいます。

自分を成長させようという気持ちには、「自分の意見をとおせば上手くいく」という強引な考えは浮かびません。

自然に相手の話を聞こうという気持ちになれます。

人を裁いてしまうのも、頭が固くなってきている危険信号です。

自分を成長させようという気持ちが少なくなってきているのです。

そして、面白くない話を延々とする人は、相手が聞いてくれていると錯覚をしています。

そのような人は、本当に話を聞いてもらえるように工夫するチャンスを失い、自分自身も成長できません。

話をするときは、相手が「聞いてくれない」ことを前提に考え、工夫をしながら話しましょう。

歳を重ねるごとに、人の話を素直に聞ける人物は、器が大きく素敵な人です。

あなたもぜひ、素敵に歳を重ねる素直な人になってください。


自分自身を成長させようという強い思いが、歳をとっても素直な人間をつくります。




最後までご覧いただき、ありがとうございました。
明日も20時に更新いたしますので、ブログをお楽しみに!



いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
下記のバナーをクリックしてランキングにご協力ください。

  にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へ


2016年3月25日金曜日

今、この瞬間を生きよう

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
お陰さまで、ランキング上位となっております。
本当にありがとうございます! 下記のバナーをクリックしてランキングを確認する!

  にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へ

こんにちは、佐藤康行です。


「あのとき、こうしておけば良かった」「あのとき、こうしていたら今頃は違っていたのかもしれない」などとつい考えていませんか?

人は、過去の仕事での栄光や失敗、人間関係で上手くいったこと、嫌われてしまったこと、恋愛したこと、失恋したことなどさまざまな出来事を引きずって、その思いに縛られています。

しかし、過去のことは、反省の材料としては必要ですが、反省に長い時間をかける必要はありません。

それよりも、今、この瞬間を生きることが大切なのです。

過去を反省している間は、会話の中でも必ず過去のことばかりを優先して話してしまいます。

今を生きようと思わない限り、あなたはその過去から、何年も抜け出せない状態になるのです。

何年も同じ過去の話をくり返す人間に、魅力を感じることはできません。

過去はすべてリ八ーサル、本番はこれからなのだと思いましょう。

過去に失敗をしてしまっても、同じ過ちを犯さないための練習なのだと思えば、どんな失敗もありがたく思えてくるものです。

過去に縛られている人は、常に同じ器の中でしか生きていけないということを自覚し、そして、一刻も早く、今、この瞬間に生きることに目を向けていきましょう。

あなたの未来は、常に今現在の自分の思いにかかっているのです。


今、この瞬間を一生懸命生きれば、過去のあらゆる出来事は、未来のためのリハーサルになります。




最後までご覧いただき、ありがとうございました。
明日も20時に更新いたしますので、ブログをお楽しみに!



いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
下記のバナーをクリックしてランキングにご協力ください。

  にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へ


2016年3月24日木曜日

自分の心臓は誰が動かしているのかを考えてみよう

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
お陰さまで、ランキング上位となっております。
本当にありがとうございます! 下記のバナーをクリックしてランキングを確認する!

  にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へ

こんにちは、佐藤康行です。


私たちは、人とすぐ比べて、劣等感をもったり、自分を卑下して悩んだり、悲しんだりしています。

それは、私たちが、鏡で見た自分を『自分』だと思っているからです。

『自分は、自分の意志で動かしている』と思い込んでいるからです。

しかし、ようく突き詰めて考えてみると、私たちはみんな、自分で生きているのではなく、生かされているのだということに気づくはずです。

私たちの肉体を構成している六十兆といわれる細胞のうち、一つでも自分でつくったものはありません。

心臓を動かしているのも、血液を毛細血管の隅々まで送っているのも、また、食べたものを自動的に消化吸収したり、髪の毛が伸びたり、お腹の中で赤ちゃんが育つのも、そして、赤ちゃんが生まれた頃に母乳が出てくるのも、すべて自分の意志ではありません。

私たちは、自分の意志で動いているのではなく、何か大いなる意志によって動かされている。

そのような考え方が自然に生まれてくるでしょう。

私たちは、そういう大いなる力によって生かされているのだとわかれば、それだけで、「生きていることはありがたい」と思えるようになってくるでしょう。


自分の心臓は、誰が動かしているのかを考えてみましょう。
あなたは、生きていることに心から感謝できるようになるでしょう。




最後までご覧いただき、ありがとうございました。
明日も20時に更新いたしますので、ブログをお楽しみに!



いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
下記のバナーをクリックしてランキングにご協力ください。

  にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へ