2017年3月10日金曜日

喜怒哀楽を素直に出そう

こんにちは、佐藤康行です。


喜怒哀楽の喜と楽は、明るい感情。

怒と哀は、暗い感情と思われがちですが、喜怒哀楽の『怒』や『哀』は決して悪いことではありません。

なぜなら、その奥に愛があることがあるからです。

怒りや悲しみは、たくさんある愛の表現の一部なのです。

ですから、喜怒哀楽という表面的な感情にとらわれるのではなく、怒っている姿や悲しんでいる姿の奥にある、その人の本当の愛を見つけましょう。

そして、あなた自身も喜怒哀楽という感情を自然にどんどん出していきましょう。

相手のことを思うならば、頭で考えた特別な言葉や計算は必要ありません。

心の底から湧き出た言葉や表現で語りかけましょう。

そうすれば、きっと相手にも伝わり、相手の心にも変化が生まれます。

相手がその過程で落ち込んだり悩んだりすることがあるかもしれませんが、あなたが心からの言葉で語りかけていけば、相手の心は、自然に向くべき方向に向いていきます。

ですから、怒りや悲しみを無理に抑えて、表面的に明るくふるまうのではなく、喜怒哀楽を素直に出していきましょう。


喜怒哀楽を素直に出しましょう。その方が相手の心を打つのです。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
明日も20時に更新いたしますので、ブログをお楽しみに!

薬のみに頼らず、90日間でうつ病の寛解率90.9%、最新のうつ病治療法
東京駅前・日本橋の心療内科 YSこころのクリニック






いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
下記のバナーをクリックしてランキングにご協力ください。

  にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へ


0 件のコメント:

コメントを投稿