2017年3月8日水曜日

反発心は自分に対して反発する心

こんにちは、佐藤康行です。


自分の認めたくないことをズバリ突かれると、反発心が出てしまうことがあります。

これは、相手に対して反発をしているのではなく、自分に対して反発をしているのです。

人に対して反発心を強くもってしまう原因の一つに、親から抑えつけられた場合が多く見られます。

潜在意識は、親と他人の区別がつかないため、自分に対して注意をしたり、教えたりする人が、無意識に自分の親とダブって見えてしまうのです。

そういう場合は、会社の上司など、権威をもった人に対して、より強く反発してしまいます。

反発する方も、相手がいくらいいアドバイスをしても素直に聞けないので、せっかくの成長のチャンスも逃してしまうことになります。

そんな自分を変えたいと思うなら、抵抗のある話を素直に受け入れるようにならなければなりません。

まず、反発心をもってしまう自分を認めることからはじめましょう。

それでもまだ、反発心が出てきたら、反発してしまう心をさらに認め、自覚していきましょう。

あなた自身、どれだけ素直になれるか、あなたの成長の物指しにもなります。

相手に対して、反発心が出てきたら「私はまだ一人前じゃないな」と思えばいいのです。

反発心を徐々に認めることで、自然と反発心が消え、あなたは成長していくのです。


反発心をなくしたいなら、反発心をもっている自分を自覚していきましょう。

気づいて自覚していくうちに、反発心は消えていきます。




最後までご覧いただき、ありがとうございました。
明日も20時に更新いたしますので、ブログをお楽しみに!

薬のみに頼らず、90日間でうつ病の寛解率90.9%、最新のうつ病治療法
東京駅前・日本橋の心療内科 YSこころのクリニック






いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
下記のバナーをクリックしてランキングにご協力ください。

  にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へ


0 件のコメント:

コメントを投稿