2017年4月11日火曜日

「渋々」「イヤイヤ」なら期限を定めて営業に取り組む

こんにちは、佐藤康行です。


【実践のツボ1】明確な二つの目標を設定する

もしもあなたが今、渋々営業をやっていたとしたならば、「営業をやるのはある一定期間だけだ」と割り切り、一定の期限を定め、その間の明確な目標を設定してみよう。

その期限の中で、お金を一千万円貯めるとか、三百人の人脈を作るとか、目標を決めるのである。

経営のノウハウも身につけ、自分の会杜を持つことだって夢ではないのだ。

具体的な数字と自己成長という二つの目標があれば、やる気は自然に出てくるだろう。


【実践のツボ2】営業という仕事を未来の糧にする


「自分は営業には向いていないんじゃないか…」と思っていても、一定の期限を定めて、全力を出してやってみよう。

その時に初めて、今まで見えなかったものが見えてくるのだ。

それに営業を単なるモノ売りととらえない方がよい。

あなたは今まで、自分の思いを正しく相手に伝えられなかったり、誤解されたことはなかっただろうか?

そういった自分の弱点を克服するためだと思って営業に取り組んでみるのもいいだろう。


最後までご覧いただき、ありがとうございました。
明日も20時に更新いたしますので、ブログをお楽しみに!

薬のみに頼らず、90日間でうつ病の寛解率90.9%、最新のうつ病治療法
東京駅前・日本橋の心療内科 YSこころのクリニック






いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
下記のバナーをクリックしてランキングにご協力ください。

  にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へ


0 件のコメント:

コメントを投稿