2017年6月5日月曜日

仕事の半分は人間関係にある

こんにちは、佐藤康行です。


仕事というと、作業そのものや、自分に与えられた職務のことだけととらえがちです。

しかし、仕事の作業そのものが上手くできるようになったというのは、ようやく半分仕事ができるようになったということ。

仕事の残り半分は、人間関係なのです。

例えば、時計は、一つの歯車が回っているだけでは、動きません。

たくさんの歯車が噛み合って、一つの流れに乗って時計を正確に動かしていきます。

いわば、人間関係は、仕事の流れをスムーズにさせる潤滑油であり、仕事を円滑に回していく機能なのです。

人間関係は、仕事ができるのと同じくらい大切だということを、心得て下さい。 


人間関係は、仕事ができるのと同じくらい大事なことです。




最後までご覧いただき、ありがとうございました。
明日も20時に更新いたしますので、ブログをお楽しみに!




いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
下記のバナーをクリックしてランキングにご協力ください。

  にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へ


0 件のコメント:

コメントを投稿